福祉住環境リフォーム

福祉住環境コーディネーターの
資格保有者がいます

福祉住環境コーディネーター2級の資格を持った
スタッフがおりますので、介護リフォームなら
私たちネクストプランにお任せください!

担当者:八田より

年齢を重ねてくると今まで普通に生活していたおうちのちょっとした事が不便に感じたり、
日常のちょっとした動作が大変になったりします。ずっと我慢して生活するよりも快適に
生活できるようにする改善方法を一緒に考えたいと思います。
是非、お気軽にご相談ください。

福祉住環境をより快適にする
リフォーム例

1和式から洋式へのトイレリフォーム

ここが決め手!リフォームポイント!

しゃがみこむ体勢を取らないといけない和式トイレは膝関節、腰への負担も大きいため、1日に何度も利用するトイレは辛くストレスを感じるものです。
また、和式トイレは構造上、飛び散りなどが起きやすく掃除も大変だというお声をよくうかがいます。
リフォームで生活を少しでも快適にしませんか?
万が一、ケガや車椅子を利用する場合にも洋式トイレのほうが利便性が良いのも事実です。

2浴室の出入り口の段差の解消

ここが決め手!リフォームポイント!

ご高齢の方の居宅内でのケガ要因No.1は何かご存じですか?
それは「段差でのつまずき」なんです。特に衣類を着ていない状態で利用する脱衣室から浴室へ出入りする際の段差は要注意です。
築年数が経過したお宅では特にこの段差に高さも厚みもある場合が多く、つまずいてしまった際、ケガのリスクも大きくなり頭などをぶつけてしまうと流血する可能性もあります。段差を解消することで出入りはもちろん、お掃除も楽になるためメリットが多いリフォームです。

3トイレ・浴室などへの手すりの設置

ここが決め手!リフォームポイント!

加齢や足腰が弱ったことで、立ち上がる動作・座る動作がおぼつかなくなる場合が多くあります。特に中腰になった時点での踏ん張りが効かなくなることが多く、立ち上げる・座る動作の途中で転倒してしまいケガにつながる場合も。
手すりを設置することで足腰の力だけではなく、手の力も有効に使って動作を安定させることができます。手すりがあることにより、ご本人様も安定して動きやすくなることがポイントです。

その他、福祉住環境コーディネーターが
最適なリフォームをご提案

トイレや浴室を暖かくして
ヒートショック現象の予防

楽々レバー式蛇口への
取り替え

車イスでも使いやすい
洗面台への取り替え

寝室・お風呂・トイレ、移動時に気になる玄関や廊下など福祉介護の観点からのリフォームもお任せください。加齢や障害によって、これまで何も感じなかったふとした段差や動線が快適な暮らしを阻むことがあります。
わずかな段差や凸凹も、転倒やケガの原因に。住み慣れた我が家で長く、安心・快適に暮らすために注意したい場所を改善しましょう。

介護保険を利用しての住環境リフォーム

また介護保険を利用しての
住環境リフォームのご相談もお任せください。

介護保険での住宅改修とは?

介護保険を利用しての住宅改修制度では、様々なリフォームを対象として20万円を上限で
工事代金の8割から9割の支給が受けられます。

対象となる工事は?

トイレ

  • 和式から洋式への変更
  • 段差の解消
  • 手すりの設置 など

浴 室

  • 滑りにくい床材への取り替え
  • 段差の解消
  • 手すりの設置
  • 浴槽の取替(床のかさ上げ) など

その他

  • 廊下や玄関への手すりの設置
  • スロープの取り付け
  • 段差の解消 など

その他、ご高齢の方が快適に、楽しく生活できる手助けになるようなご提案をしていきたいと思います。

  • 汚れた壁紙を綺麗な新しい壁紙に張り替えて気分を明るく!
  • 収納を加齢に合わせた使いやすいものに変更して快適に!

などなど、皆さんのご要望をお聞かせください。

他にもこんなトラブルで
お困りではございませんか?

ご質問ご不明点などお気軽にお問い合わせください!

このサイトを広める